全身性アミロイドーシスにおける後期ガドリニウム増強CMRの予後的価値| oneAMYLOIDOSISvoice
×

科学文献と患者教育のテキスト

全身性アミロイドーシスにおける後期ガドリニウム増強CMRの予後的価値

重要な情報

ソース: JACC心血管イメージング

年: 2016

著者: Raina S、Lensing SY、Nairooz RS、Pothineni NV、Hakeem A、Bhatti S、Pandey T

要約/要約:

目的:
この研究の目的は、心臓磁気共鳴(CMR)を受けている全身性アミロイドーシス患者における後期ガドリニウム増強(LGE)の予後への影響にアクセスすることでした。
 
背景:
心臓アミロイドーシスは、全身性アミロイドーシス患者の予後を著しく悪化させます。 CMRイメージングは​​、全身性アミロイドーシス患者の心臓病変を診断する魅力的な非侵襲的モダリティとして浮上しています。 全身性アミロイドーシス患者におけるLGE-CMRイメージングの予後的役割を評価するために、全身レビューとメタ分析を実施しました。
 
メソッド:
電子データベースMEDLINE、PubMed、Emase、およびCochraneを体系的に検索して、LGE-CMRと心臓病変を伴う全身性アミロイドーシスの予後との関連を評価する研究を特定しました。 本研究は、LGEと全死因死亡の主要エンドポイントとの関連を体系的にレビューおよび評価するように設計されました。 変量効果モデルは、逆分散重み付けを使用してプールされたオッズ比を計算するために使用されました。
 
結果について
合計7人の患者を対象とした425つの研究からのデータが含まれ、平均追跡期間は25か月でした。 患者の加重平均年齢は64歳で、左心室駆出率は59.2%でした。 67%は男性でした。 LGEが患者の20%に存在したのに対し、心筋生検はアミロイドーシスに73%陽性でした。 LGE陽性患者は、LGEのない患者と比較して全体的な死亡率が増加しました(プールオッズ比:4.96; 95%信頼区間[CI]:1.90〜12.93; p = 0.001)。 LGEグループの場合、プールされた死亡率は0.07年あたり95(0.03%CI:0.19〜0.25)イベントであり、LGE +グループの場合、発生率は95(0.16%CI:0.39〜0.001年あたり; p = 3)でした。 各研究における心臓生検患者の割合は68%からXNUMX%の範囲であり、LGEステータスと死亡との関係は、研究全体で心臓生検の割合に応じて変化しませんでした。
 
結論:
心臓アミロイドーシスが既知または疑われる全身性アミロイドーシス患者のCMRにおけるLGEは、全死因死亡のリスク増加と関連しています。
 
組織: アーカンソー医科大学、アーカンソー; Central Arkansas VA Health System、アーカンソー

DOI: 10.1016 / d.jcmg.2016.01.036

続きを読む 全文

このサイトでの体験を改善するために、クッキーを使用しています。 これには、当社のウェブサイトの基本的な機能に不可欠なCookie、分析目的のCookie、およびサイトコンテンツのパーソナライズを可能にするCookieが含まれます。 [同意する]またはこのサイトのコンテンツをクリックすると、Cookieを配置できることに同意したことになります。 好みに合わせてブラウザのCookie設定を調整できます。
さらに詳しく

このウェブサイト上のCookieの設定があなたに可能な限り最高のブラウジング体験を与えるために、「Cookieを許可する」に設定されています。 あなたのクッキーの設定を変更せずに、このウェブサイトを継続して使用するか、あなたは、あなたがこれに同意しているの下には「同意する」をクリックした場合。

閉じる

このサイトでの体験を改善するために、クッキーを使用しています。 これには、当社のウェブサイトの基本的な機能に不可欠なCookie、分析目的のCookie、およびサイトコンテンツのパーソナライズを可能にするCookieが含まれます。 [同意する]またはこのサイトのコンテンツをクリックすると、Cookieを配置できることに同意したことになります。 好みに合わせてブラウザのCookie設定を調整できます。
さらに詳しく

このウェブサイト上のCookieの設定があなたに可能な限り最高のブラウジング体験を与えるために、「Cookieを許可する」に設定されています。 あなたのクッキーの設定を変更せずに、このウェブサイトを継続して使用するか、あなたは、あなたがこれに同意しているの下には「同意する」をクリックした場合。

閉じる